ピースペース

Archive for the ‘未分類’ Category

VueなSPAがiphone4sで表示されない

leave a comment »

巷には、Babelで始めるモダンなJavaScript!みたいな紹介があふれております。
import  from~とrequire(‘~’)のどっちがモダンか?は微妙ですが、
コードのパクリ元で使われていたのでモダンかどうかも考えずに使っておりました>ES6

VS2017とChrome@PCで作成していて全く気付かなかったのですが、
ieとiOS9以前safariではSPAのレンダリングが行われず真っ白なページが表示されてしまいました。
ブラウザデバッグしてみると、ところどころでES6なコードがひっかかっているようです。

ん?それってwebpack&babel-loaderが良きに計らってくれるはずじゃなかったの!
たしかに、import文は気にせず処理されているようです。
しかし、iOSでひっかかったのはconst文です。
いや流石にそれは変換してくれるはずでしょう>babel

なので、たぶん自分のwebpack.config.jsのどこかに問題がありそうな気がします。
しかしそれが意味もわからずどこかからパクってきたものなので何が悪いかわかりません。
webで調査を始めると新旧玉石混交した情報で余計に混乱します。

test: /\.vue$/,
loader: ‘vue-loader’,
options: {
  loaders: {
    ‘js’: ‘babel-loader’
  }
}

このbabel-loaderが正常に働いてない気がします。
それはもしかするとvue-loaderのせいかもしれません。
が、なにもはっきりしたことは言えません。

昨日は何も問題がないと思えたVue.jsですがこの辺りは問題と言えば問題な気がします。
地道に人力Babelしようと思っています。
開発もVS2017→VS2015になり、
VS2015のエディタはES6に優しくない気がするのでちょうど良かったかもしれません。

追伸

原因はbabelのpresetsオプションが指定されていなかったからかもしれなくて、
.babelrcファイルを追加したところ解決されたような気がします。
原因を調べるために、vue-cliが作成する環境をみてみましたが、早々にくじけました。
vueモジュールをビルドするために、webpackやらbabelやらの知識が必要になりますが、
これらをほんとうにきちんと理解するのは簡単じゃないですね。
必要になる知識が次々に増えていき、いつまでも追いつけないのじゃない?
と思ってしまうのが辛いです。一歩一歩ですね。

Written by nasu38yen

2017年12月20日 at 8:39 AM

カテゴリー: 未分類

IIS Expressでhttpsをテストする

leave a comment »

VS2015で作成したMVCなプロジェクトのプロパティでSSLを有効にしてデバッグ実行してみたら、
いきなり出鼻をくじかれますた;image

そもそも、Webサーバーと証明書の関係とか、証明書自体のことを詳しく理解していないので、
何故こうゆうことが起こるのか?がわりませんTT

ちなみに、Edgeで実行するとこの警告は表示されません。
どうやら、IIS Expressが裏で準備してくれた証明書がchromeさんのお気に召さない!ということらしいです。
これを回避するには、SAN information 付きの証明書を作成してlocalhostにセットしなおせばよいのかな?
が、どうもmakecert でその証明書を作成することはできなくて、
powershellのNew-SelfSignedCertificate コマンドレットで自己署名証明書を作成して、
netsh http delete sslcert で古い証明書を解除して、netsh http add sslcert で新しい証明書を登録しなおして、
作成した証明書をMMCの証明書管理でエクスポート>信頼されたルート証明機関にインポートします。
これで、上の警告は表示されなくなりました。

ちょっとかなり面倒ですた;
そこまでしてIIS Exspressでやる必要があるのか?が少し本末転倒な感じもあります。

Written by nasu38yen

2017年10月4日 at 9:03 AM

カテゴリー: 未分類

なぜ憑りつかれて離れられないのか?

leave a comment »

http://gigazine.net/news/20170619-why-do-people-join-cults/

カルト…怖いですね~~ でもなぜ?
この説明で、なぜ取り込まれるのか?は、まだ十分でないような気がします。

人以外の生き物であっても集団を形成しますが、
その様子を「憑りつかれている」とは言わないような気がします。
「憑りつかれる」のは、やはり人間所以の特性のようにに思えます。
その能力故に何かを信じていなければ生きていくのさえ難しくなる特性。

信じる「何か」を中心に人が集まり、組織が生まれ、
一旦、もちつもたれつの関係が築かれると、
いつのまにか、「何か」より「組織」が大切になる。
というのは、カルトに限らずどこにでもある構造と思われます。
人にとって生き場所というのは生きること自体よりも大切なものに見えます。

ライアンさん達も、ただ救出しようとしたのが失敗で、
代わりの生き場所を準備してあげれば、もしかするとうまくいったのかもしれない。

自分も、かなりのMS教信者なわけで、
最近は、js教やnode教でもたぶん問題ないのはわかっているし、
資産と呼べるような過去もないので、改宗できないわけでもないですが、
それでも、今の場所よりより良い場所を発見するのはなかなか難しいわけです。
直接間接、js教やnode教の恩恵を受けることもできていますし。

法を越えれば、カルトで、
越えなければ、一点のくもりもない!と言えるだけで、
誰しもかれしも、多かれ少なかれロックオンされて生きている。
を最初に教えてもらっていれば、服毒することはなかったような気がします。

Written by nasu38yen

2017年6月21日 at 9:17 AM

カテゴリー: 未分類

Material DesignがわからないT.T

leave a comment »

キーンルックはわかりやすい
あ~そうゆう見た目のことなのね!と
好きか嫌いか別にして、なにを言っているのか?はなんとなくわかる。

対して、スカイアクティブはどうだろう?
特徴的なグリルやショルダーラインだけを指しているわけじゃあなさそうだ。
むしろそれは派生付加的なものでスカイアクティブの本質ではなさそうな感じがする。
なので、もし「スカイアクティブな新しい車をデザインをして」
と頼まれても、おそらくしばらくは悩むことになるだろう。
スカイアクティブっていったい何だろう?
の答えは、もがいて自分で見つけだすしかないような。

って、そんなことはどうでもよくて
問題は、マテリアルデザインっていったいなんなの?である
伝統と革新の融合 …素晴らしい!

紙とインクの素材の関係性をメタファにしてUXをデザインする。
わかりそうでわからない。
が、そのうちいつかはわかるようになる気もする。
が、たとえば、<input>のフローティングラベル
に、もし、直観的にマテリアルを感じることができなかったとしたら…
悲しいけれど、才能はないかもしれない;

でだ、開発プロジェクトであるUIコントロールセットを使うことになって、
そのUIライブラリがマテリアルデザインを採用していて、
つまり、フローティングラベルなinputコントロールがあって、
でも、どうしてもそれを受け入れることができなかったとき、
それだけをはずして他は使う。ということはできるのだろうか??

オラ的に、答えはだいたい決まっている。
そんなことにあんまりこだわる必要はなくて、もっと自由に使えばよい!のだ
ぶっちゃけ、どうでもいいのだ>マテリアル
ない才能はあきらめるしかない

結局のところ、それはなに?は、自分でもがいて見つけるしかない。
だとしても、たとえフローティングラベルなinputを捨てるとしても、
なにがマテリアルなのか?の学習をさぼることはできない。ところがつらい
伝統と革新の融合というのは、守破離のことで、
順番は、まず守してかからないと、破や離にはいけない
ので、その思想的にもそう簡単に捨てることはできないはずなのだ。

臭うとか陰でなにを言われても、bootstrapは良かった ;
マテリアルとかメトロとか ほんと…

Written by nasu38yen

2016年11月17日 at 9:53 PM

カテゴリー: 未分類

Angular2MVC5テンプレートでもやもやする

leave a comment »

Angular2って何?
てことで、QuickStartやArchitecture Overviewを見ている。
https://angular.io/docs/ts/latest/guide/architecture.html

Moduleってなあに? Decoratorってなあに?
と、つぎつぎとつまづくので、なかなかOverViewできない;
とにかく、Angular2な開発では、開発するものはAngular2なModuleとして作成する。
Angular2なModuleとして、アプリ起動や、componentやserviceを作成する。
で、そのAngular2なModuleのことをNgModuleというらしい。
NgModuleとは、@NgModuleデコレータによりmetadataを埋め込んだModuleで、
Angularはそのmetadataを使って、componentとtemplateをbindしたり、
serviceをinjectしたりできるようになる。という感じかな。
Angular2な開発とはそのNgModuleを作成すること。なので、
NgModuleって何?は、Angular2って何?の大きな部分を占める。はず。

なのに、Angular2MVC5テンプレートのコードに
そのとても重要なNgModuleデコレータがどこにも登場してこない!!
なので、このコードを見ながらQuickStartやOverViewの説明を読もうとすると、
… まったく進まない;

おそらく、OverViewには登場しない秘密が仕込まれている。
そうゆうことなので、ASP.NETerにとって、
Angular2MVC5テンプレートはAngular2のQuickStartには向かない。
よーな気がする。というところまでたどり着いた。
なかなかのろま;

Written by nasu38yen

2016年10月13日 at 1:50 PM

カテゴリー: 未分類

おそらく宇宙人は発見できない

leave a comment »

宇宙人が発見されれば、その偽が証明される。
まで、これは証明できない。が、おそらくいない。
おそらくとしか言えないので、おそらくと付けるしかないが、おそらくいない。
なぜなら、宇宙人がいないように宇宙が構成されているから。

今、ぼくらが認識している宇宙の中の地球はOneOfに過ぎない。
という認識からすれば、いかにもいそうな気になる>宇宙人。
は、交信可能な時間と空間の外側にいる。
なぜ宇宙はそのようにできているのか?
は、わかることはできない。
が、人が居るためにはそうである必要がある。
つまり、宇宙(空間と時間)は必要から創られているに過ぎない。
なので、必要がないうちは宇宙人は見つからない。

Written by nasu38yen

2016年8月23日 at 11:52 AM

カテゴリー: 未分類

pasmoはスマートカードと呼べるのか?で悩む;

leave a comment »

以前、パスワードログインの代わりにおサイフケータイでログインする。を試したことがあり、
今回、同じようにPKIカードをログインに使えるのか?を試している。
以前のテストでは、おサイフケータイの代わりは、もちろんSuicaでもPasmoでも良かったわけだが、
そのIDm読み取り機で住基カードのIDは読めない!
住基カードはfelicaじゃないから。ってわけで、
この住基カードを読むためには、PC/SC(winscard.dll)を使う必要があるらしい。
ということで、PC/SCをやっている。

WinFormアプリを作成して、NugetでPC/SCラッパーをインストールする。
https://github.com/danm-de/pcsc-sharp

Examplesのコードをひとつ試してみる。
おお~、カードのStatusが表示された。
なにかよくわからないけど、とにかくカードとして認識されているようだ。
これはいったい何が表示されているの?? は、PC/SCについて知る必要があるわけだが…
こちらのページが日本語で読みやすい(まだ読めてないけど;)
http://eternalwindows.jp/security/scard/scard00.html

さて、ここで住基カードの代わりにPasmoを載せてみると
The smart card has been removed
と表示される。なるほど、Pasmoはスマートカードじゃあないと
えっ、そうなの? んだば、スマートカードっていったい何なの?

どうもこれは、おらが使用しているパソリがS330の問題らしい。
RC-S330で、問題なくfelicaも住基カードも使える。
が、PC/SCを介してfelicaカードにアクセスすることはできない。
が、PC/SCを介してTypeBカードにアクセスすることはできる。
で、S380ならPC/SC経由のfelicaもいけるらしい。
ややこしや~~~

結論
S330でPC/SCをテストすると、Pasmoは拒絶されるので、
一瞬、felicaはスマートカードじゃない。と思ってしまう。が、
もちろん、Pasmoも立派なスマートカードだ!と思う。たぶん。
という余計な回り道をしなくてすむので、最初からS380を使えば良いのだ。きっと。
さて、住基カードのカードIDは?・・・まだまだ先は遠い(T.T)

Written by nasu38yen

2016年6月28日 at 5:26 PM

カテゴリー: 未分類

生産性ということについて

leave a comment »

生産性を上げる必要がある。というときの生産性というのどうゆう意味だろう?
同じ100円でもより沢山食べられるってことなら、たしかにそのほうがいい。
良いに決まっている。ので、下手につっこむと、にらまれる;
にあえてつっこんでみる。

地方より生産性が高いので都市に集中したほうが良い。という意見がある。
この場合の生産は何の生産?はかなり曖昧な感じがする。
多くの工業製品は地方の工場で生産されているし、食物は農場や漁場で生産されている。
と比べたときに都市で生産されるものとはなんだろう?
地方の工場で働いていた人が都会のOfficeの様子を見て、素直に生産性が高いと思えない気がする。
このとき、都市の生産性と工場の生産性とは違う意味がありそうな感じがする。
を混同して使っている。ということはないだろうか?

遠い未来を想ってみる。生産性の追求により、
人の生活に必要な物資は全てがロボットにより生産されるようになっている。
そのロボットもロボットが作るようになっている。
ロボットが生産性を意識するとロボットで溢れてしまうし、
生産するのはロボットで、人は生産する必要がなくなったので、
生産性という言葉は今や死語になってしまった。

ゲームを生産してゲームで消費する。というときに、
そのときもやっぱり生産性は重要なのだろうか?
生産性を上げるために生産性が不要なものをどんどん生産することになっている。
ならば、そのとき、もはや生産性は左程重要でもない。のかもしれない。
という局面に既に足を踏み入れている。のかもしれない。

Written by nasu38yen

2016年1月18日 at 8:23 AM

カテゴリー: 未分類

ExpressWebがサービス終了する

leave a comment »

月250円で利用できるWindowsホスティングサービス。
まことに、とても、非常に残念なことにサービス終了の案内が届きました。

サイトがひとつ2月になると閉じられるということで、連休中に移行の作業を行った。
ドメインサービスは継続されるらしいが、DNSの設定変更がまだ反映されてないみたいので、
移行作業の完了。がまだ確認できてない。ので、まだちょっと心配。

ASP.NETer的には、心強い、安心のよりどころ。では、ありましたが
これまでどうもありがとう。

Written by nasu38yen

2016年1月12日 at 8:49 AM

カテゴリー: 未分類

お正月なので、そもそも…を考えてみる

leave a comment »

なにか問題がありその解決が簡単ではなさそうなとき、
そもそも…と思いつくことで答えがみつかる場合がある。問題自体が消えてしまうような。
しかし、そもそもなぜ?を繰り返していくといつか必ず答えのでない問いにぶつかる。
を何度も経験して知っているので、普通それを考えるのは敬遠される。
プログラムは将来の要求変化をコードする一方で今ない問題をコードしてはならない。
この一見矛盾するルールを守る必要がある。に似ている。
与えられた予算とその時点のリソースから「現実的解」は決められるが、
その境界はどこ?は明確ではない。し、簡単でもない。
が、あまりにも簡単に決めている場合があるような気がしている。

「神を信じる場合におてい神は存在しない」をゲーデル命題というらしい。
ならば、「神を信じなければ神は存在し得る」もまたゲーデル命題といえるだろう。
そうゆう命題の存在を数学で示したゲーデルの証明の価値は大きいと思う。
と言ったら、それに何の価値があるのかちっともわからない!と言われた。
た~しか~に!何の意味があるのだろ???

たとえば、「千兆円を超えた負債をどう処理するの?」を考えてみる。
これはもちろん自分の課題じゃないので普通には自分が考えるべき問題ではない。が、
日本が抱える最大の課題と思うし、選挙の年だし、選挙でこれは問われるの?は心配だし、
お正月なので考えてみることにする。

こうなることを危惧していた人は少なくなかったはず。
にもかかわらず、現実となった今、
それが、どう解決されるのか?解決されないのか?の想像がつかない。
という状況は起こり得て、いずれその結果が明らかになる時がくる。は明らか。
チャラにするにしても、インフレになるにしても、
もしかするととんでもないイノベーションという神風が吹くにしても、
いずれにしても、お金の価値の変化は伴うだろう。
そもそも道具に過ぎなかったお金との主従関係がいつの間にか逆転し、
それに苦しむことになれば、その関係をどこかで転換せざるを得なくなる。
つまり、今はまだ当たり前と考えている神を偶像に引きずりおろさなければならなくなる。
先の戦争の前後で起こったことから連想すれば、
それが方法であれば、人の不幸は最小で済み、
それが結果であれば、痛手はけっこう大きい。
今がまだ前夜であれば打つ手はあるのかもしれない。
そんなことは考えても仕方が(意味も価値も)ない!と言って突き進むことはできるが、
そもそも…と考えてみて回避できる可能性がまったくないわけでもない。

って、これがゲーデルの証明の価値にどう関係するの?
は、やっぱりまだまったく見えないね;
でももし、GDPを引き上げようとして結果貧乏になったとしたら…
実際にチャレンジして訴訟されたりする例もあったりして、
それって、神を信じて神を失う。に、なんか似てない?

その世界で考えている限りその解決を見つけることはできない。
という答えはその世界の外側にある。ということはたぶんあるだろう。

とにかく、今年は野矢さんの論理トレーニングをやってみることにしよう。
プログラムは論理言語なのでまったく役に立たないこともないだろう。
自分課題にも、遠回りに見えて意外と近道になるかもしれない。←勘w

Written by nasu38yen

2016年1月2日 at 11:51 PM

カテゴリー: 未分類