ピースペース

Archive for the ‘つれづれ’ Category

哲学はなぜ間違うのか?を考えてみる

leave a comment »

「哲学はなぜ間違うのか」というブログを購読しています。
http://blog.goo.ne.jp/tsutomui2000/e/7842ab0afd20d2afc7677e5831befffe

お気に入りで、毎朝更新を楽しみにしています。
自分勝手に、ふむふむ納得したり、んなこたぁないやろとツッコミ入れたりしますが、
たいがい期待したストーリーとは違う方向に展開していくので、どちらかというと心が乱れます。
オチはないような気がします。どうなのでしょう??

コメントやトラックバックが表示されることはなく、いいねもひとつもないままですが、
カテゴリ別ランキングでは上位なので同じようにひっそり楽しんでいる読者が多いのでしょう。
一度どうしても答えが知りたくなりコメントでポストしてみましたが応答はありませんでした。
そうゆうところにも意図を感じます。

著者との直接会話は難しいとしても、読者同士で会話できる仕組みがあれば良いかもしれません。
もしかしてそうゆう場所はすでにあって、自分が参加できていないだけでしょうか
それとも、そうゆう会話に収穫はなくて、ひとりで悶々するのがやはり良いのでしょうか

ネット世界はスピードが速くて、ついていけなくなったというかついていくのをやめたというか
降りた電車が走り抜けていくのを茫然と眺めているような人は少なくないでしょう。
その人たちと話してみたい…

http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20171226
自分もやはりちきりんの言うつながりを求めています。
たぶん、ネットは最初からそのためにあって、今もそのとおり存在していて、
自分が迷子になっているだけなんだと思います。

Written by nasu38yen

2017年12月28日 at 8:57 AM

カテゴリー: つれづれ

時間連続協会

leave a comment »

Gigazineの記事で「地球平面協会」というのがあるのを知りました。
考えつくおおよそのことはすでに誰かがどこかで考えている。に改めて驚きます。
イーロンマスクさんや多くの科学者がその理論展開に注文をつけているということですが、
それはつまり無視できない興味の現れで、その旺盛な好奇心にも関心します。

自分的には地球は丸いを確信できる証拠をこの目でみたことも体験したこともないので、
なのにそれを信じて疑わない(疑えない)のは、確かにこれはおかしなことです。
今日それを疑える人はだれもいないわけですが、ある意味それは幸せなことに思えます。
少なくとも平らな地球の果ては一体どうなっている?を疑わなければならない面倒から解放されるからです。
それで誰かと言い争ったりする必要もありません。
人類にとってとても都合の良い事実が発見されたと言える気がします。

さて一方、時間の端についてそれはまだ当面謎のままと思えます。
どこから始まってどこまで続いていくのか?
その問いは、宇宙の始まりと膨張に似ているため、
最新の物理学では時間と空間は表裏一体として捉えられているようです。
いつかこのフロンティアにも都合の良い事実が発見されるとしたら…
地球に端がなかったように、時間にも端はなくてメビウスの輪のように連続している。
という想像がもっとも妥当な推論に思えます。
宇宙の果てが自分の身体の細胞の中の小さな分子の中に発見されるという可能性はないでしょうか?
これは私たちにとってどう都合良いのでしょう??

おそらくたぶん、すでにどこかにあるような気がします>時間連続協会。
冬休みになったら探してみたいと思います。

Written by nasu38yen

2017年12月4日 at 9:25 AM

カテゴリー: つれづれ

こんにちわVue

leave a comment »

MVC5でVueを試してみました。
もっとも簡単な手順をみつけました。
http://www.mithunvp.com/working-vuejs-asp-net-mvc-5-visual-studio/

むかしあったknockoutなSPAテンプレートに比べてずっと意味がわかりやすいと思います。
余計な手順に翻弄されることもないので助かりました。
あまりにも簡単なコードなので、これでわかった気になるのは早すぎですが、
最初の印象は大切ですね。長く付き合えっていけるでしょうか?
よろしく>Vue

Written by nasu38yen

2017年11月17日 at 4:47 PM

カテゴリー: つれづれ, プログラム

Tagged with

こんにちわNode.js

leave a comment »

Kindle Unlimitedのひと月無料お試しを使って、「Node.jsビギナーズガイド」を試してみました。
ASP.NETerが入門するにはとてもわかりやすい説明になっていました。
せっかちなもんで、どこが同じでどこが違うの?を手っ取り早く知りたいわけですが、
チュートリアルを進めていくとそうゆう疑問に順番に答えが得られたような気がします。
「Expressを導入しよう」まで進んで、これまでと同じように開発できる確信が持てました。
「PostgreSQLを使おう」で、でもまあやっぱまだasp.netでいいかも;と確信しました。

asp.netがマルチプラットフォーム対応になった今となっては、
積極的に選択する理由はあまりなくなった感じがしないでもありません。
今後どうなるかはわかりませんが、asp.net開発にもnodeのあれやこれが入り込んできているので、
ASP.NETerにもやはり必要なわけです>Node入門。
なにかいろいろ微妙に絡まっていて困ったものです;

さて、今回Node入門の先にMeteor入門があったわけですが、
こちらはKindleに見当たらず、本家チュートリアルをやってみました。う~みゅ
手順とおりに進めればそのとおりに動くアプリケーションが作成でききるわけですが、
なんでしょう?過去に覚えた言葉で理解できないまま進んでしまうところがあるような気がします。
なので、このチュートリアルを終えてもこれで準備ができた!という確信まで至りません。
とりわけ、ASP.NETerには躓き所がいろいろありそうで、その霧が晴れるのには時間がかかりそうです。
たぶん心をもっと真っ白にして進んだほうが良いのでしょう。

Written by nasu38yen

2017年11月14日 at 12:11 PM

カテゴリー: つれづれ, プログラム

Windows Subsystem for Linuxを動かした。の後は?

leave a comment »

Fall Creators Updateを行いました。
Windows Subsystem for Linuxが正式版として提供されているそうです。
WindowsストアからUbuntuもインストールして、無事Bashなコマンドも打てるようになりました。
Bashから、pythonだとかmeteorだとかも起動できるみたいです。
これでLinux入門の準備ができたような気がします。めでたし。

さて、githubからmeteorなプロジェクトをgit cloneしてmeteor-build-clientなどもしてみました。
あ~流石bashシェルです!プロジェクトサイトの説明通りコマンドがすんなり動作します!
これで、このマシンでon Linuxな開発もできるようになるのかあ!!

をVisual Studio Codeを使って行えるのか?←がよくわかりませんT.T
Visual Studio Code@WindowsでWSLのファイルをいじるのはやばい気がします。
んだば、WSLにもVisual Studio Codeをインストールすればええんでね?←できるの?←がわかりません;
コードはVisual Studio Code@Windowsで行って、ビルドとかだけbashで行えばいいのかも
などといろいろ考えたりしているうちにあんまりたいしてうれしくなくなりました>WSL
すなおにVMでやればよくね!てか、macでやればいいんでね!みたいな;
うう~~みゅ どうも一旦お蔵入りしそうです>WSL

Written by nasu38yen

2017年11月6日 at 1:48 PM

非同期がやっぱり苦手

leave a comment »

最後のピースが一枚綺麗に収まらないとパズルは終わりません。
自分の場合、c#のasync awaitも、jqueryのdeferredも、残りのピースが後何枚か残っていて、
いつまで経っても自信をもって使えない。という状況が続いております。
何かの理解が不足しているのはわかっていますが、それが何か?がわからない。みたいな;

2つ前のエントリで試したファイルの順次アップロードのコードが移植したアプリで想定通りに動かなくなり、
また迷路に迷い込んでしまいました。
結論は移植先で使用していたjqueryが1.5.1だったから!というオチでした。
1.6以降でその動作が改善されているということは、1.5の$.Deferredには不具合があったということでしょう。
既存コードの関係でjqueryのアップグレードが困難だったので今回はjsdeferredという別のコードで対応しました。
そうゆうことは茶飯事なのでそのこと自体どうこうではありません。

気になったのは
1.6がないときに$.Deferred@1.5の挙動を「これはおかしい!」と自信をもって言えたかどうか?です。
そもそも魔法の呪文のようにしか使えていないコマンドに突っ込み入れることなど到底無理でしょう。
教えられたとおりに唱えるしかないので疑いようはありません>呪文。

async awaitが呪文である内は謎は解けていないのです。
最後のピースが収まらないのは、前に置いたピースの配置が間違っているわけで、
つまり、自分の中のなにか思い込みが邪魔をしているということですが、それが何か?
が、つかめそうでつかめないのですTT

まあ、
シーケンシャルに記述するしかないコードから並列で動くCPUの作業を上手にイメージできていない。
ということでしょう。イメージが下手。なのは練習が足りないということなのでしょう。
地道に時間をかけるしかない。といういつものオチですた。

Written by nasu38yen

2017年10月20日 at 9:33 AM

カテゴリー: つれづれ, プログラム

Tagged with

ASP.NET Core(.netframework)でEntityFrameworkCoreを使う

leave a comment »

ASP.NET Core(.netframework)のNugetパッケージをなにも考えないで更新したら…
ことごとく、.NetFrameworkとコンパチブルじゃないと叱られた!
なら、更新リストに表示しないでくれ~
発端は、EntityFrameworkを使うのにEFCoreをインストールしようとしたのが始まりでした。

https://msdn.microsoft.com/ja-jp/magazine/mt742867.aspx
あたりには、.NetFrameworkでもEntityFrameworkCoreは使えて、
でもって、これまでのadd-migrationコマンドも使えるよ♪と書いてあるような気がする。
が、この記事とおりにEFCoreをインストールすると最新版がインストールされて、
その最新の安定板2.0.0はNetFrameworkコンパチブルじゃあない。

なんとか互換そうな最終版1.1.2をインストールしてadd-migrationすると、今度は
This version of the Entity Framework Core Package Manager Console Tools doesn’t support these types of projects
と叱られる!へっ??
https://blogs.msdn.microsoft.com/dotnet/2017/03/07/announcing-net-core-tools-1-0/#user-content-migrating-projectjson-projects-to-csproj
なんかよくわからないけど、このためにはVS2015じゃなくて素直にVS2017を使ったほうが良いらしい;
まあそうすれば良いのでしょう。疲れますた

結局のところASP.NET Core(.netframework)は素人には扱えない!と考えるの吉。のよーな気がする。
.Net Framework, .Net Core, .Net Standard, Entityframework ASP.NET VisualStudio
の各バージョンの依存関係が複雑すぎて鳥頭には簡単についていくことができないTT
一度は理解したつもりが、またすぐに混乱してわけわからなくなる。
ASP.NET Coreで作るのは、 .Net Frameworkを完全に排除できたとき。
と割り切ったほうが無駄足を踏むことはないかも。
が、そんなときはいつになるのかわからない。ので、いつまで経っても使えなくなるよーな。
でもまあ、それであたりまえといえばあたりまえのような、
なにか問題でも?と聞かれて困るような、
なんか辛い
とう状況は、.NETの危機じゃね? そろそろ…みたいな…

Written by nasu38yen

2017年9月20日 at 10:11 AM

OHIFViewerをASP.NETサイトでホストする

leave a comment »

その必要があるのか?それが最適な方法か?は別として、とにかくやってみた。
OHIFViewerはMeteorフレームワーク上で構築されているWebアプリで、
Meteorは役割的にはASP.NET MVCと同じ位置づけになるフレームワークで、
普通に考えれば、OHIFViewerが利用しているconerstoneライブラリを利用して
OHIFViewer4ASPを新たに構築するのがまっとうな開発手順となるでしょう。

なのだが、OHIF.ViewersのStandaloneViewerプロジェクトのwikiには、
これをMeteorじゃない他のWebサイトでホストする手順が説明されている。
meteor-build-clientを使えば、MeteorプロジェクトのClient側部分を
js,css,html一式にバンドルできて、それらはasp.netサイトでもホストできるというわけだ。

meteor-build-clientが生成するindex.htmlは単に生成されるjsとcssのコンテナなので、
index.htmlの中身をasp.net mvcのViewに書き換えればよい。で、実際
OHIFViewerをasp.net mvcサイトでホストすることはできる。

頭の混乱がおさまりそうにないT.T
この状況を整理できる気がしてこないT.T
Meteorの説明に「初心者に優しい」とあるが、
少なくともasp.neterにはちっとも優しくはない!てことはないだろうか
まったく違う文化に慣れ固まった身体がなれることはないような
なので、Meteorが使えるようになることはないかもしれないが、
いっぽう、あっち文化はどんどんこっちに迫ってくるので、
すくなくとも迎える準備は必要なのでしょう。
という状況にも混乱している。
あっちだこっちだどっちだ。と言ってることも許されないような
なんでもあり状況;

Written by nasu38yen

2017年8月30日 at 8:33 AM

カテゴリー: つれづれ, プログラム

Tagged with

今朝の北日本新聞での共謀罪の扱い

leave a comment »

それが少し強硬に決められたことを危惧している感じだった。
法律の中身自体じゃなくてその外側の感想に重きがある。に興味が沸いた。
記者さんはその状況になにかを感じているということなのでしょう。

昨今のテロが直接無関係な無罪な人たちへの脅威になっているので、
その対策を急ぐのはわりとみんなの了解と思われるのに、
「急ぎ過ぎてる」な印象が起こるのはどうして?をちょっと知りたい。
が、テレビや新聞からそれを簡単に読むことができないような気がする。
のは自分だけで、他のみんなはわかっているのだろうか?

まあ、ネットがあるのでちょっと調べればいろいろわかるのでしょう。
が、そこまで興味があるわけじゃないのでしない。
冤罪に十分な配慮が施されていればそう問題でもないんじゃね。
と思うところだが…

「権力の強化」に対する対策をごまかしている。のが問題なのでしょう。
法律により国民の監視は強化される。
おそらくこのような投稿もチェックされるようになる。
政府の人が全部を監視するのは不可能なので、AIにインプットされるようになる。
が、現状のAIは神ではないので、なんらかの恣意が盛り込まれる。
を決定する(しなければならない役割の)人をどう監視するのか?←が未整備。
なので不安を感じる。という説明もしてほしい>国会の人たち。
なのに、聞こえてくるのはいつも少し的がずれた話しばかりだ。
を先に改善してかかった方がいいんでね?ということかな?>急ぎすぎ

捉えようによっては政党なんてのはどこも共謀集団なのだ。
をあぶりだせるのか?>AI
と、びびりながら書いてみる;

Written by nasu38yen

2017年6月15日 at 10:34 AM

カテゴリー: つれづれ

jqueryかangularか

leave a comment »

そもそも比較できるふたりじゃないのですが、
Web開発をSPAでやるかどうか、angularを使うか使わないか?
を悩むとき(揉めるとき)はあるでしょう。

どっちが良い?はもちろんケースバイケースで、環境に依存する。
が、たぶんに人の趣味趣向で決まる場合が多い気もします。
もしangularが好きというとき、何を好きと思うのだろう?

SPAじゃない既存のあるページの改修をしていると、
ふと、なんか面倒!と感じることがある。
ajax, jqueryで要件を実装することはもちろんできるのだが、
なんだろ、これで正しいの?がスッキリしないような。
他の人がやると違う実装になりそうな。
そして、そうであってもそれで良さそうな。
自由といえば自由だが、自由すぎるような。
このスクリプトはどこに配置すれば良いの?
を迷うような時が多くある気がする。
という感じで改修を重ねていくとだんだん…
という不安を消してくれそうな気はします>angular

型にはめられる気持ち良さというか、
リズムに乗って量産できる予感というか、
それが求められるケースでは有効だと思う>angular

SPAはあるサイトの中のひとつのURLがSPAになるのであって、
サイトの中にSPAがいくらでもあって良いわけで、そうなると、
サイト全体のマップが(ナビゲーションが)
SPA担当部分と、SPA外部が担当する部分に分かれるわけで、
そこをどう線引きするのか?つまり、SPAの粒度をどう決めるか?
もまたポイントになるだろう…

って、まずangularを使えるようになる!が優先でしょ>自分;
寄り道ばかりで肝心の学習の本道をなかなかまっすぐ進めない
が一番の問題>angular

Written by nasu38yen

2017年6月9日 at 10:34 AM

カテゴリー: つれづれ, プログラム