ピースペース

電撃ラケットと暮らした夏

leave a comment »

夏になるころ、姉が家によって、親父と一緒にホームセンターに買い物に行き、
お土産に、電撃ラケットを買ってきてくれた。
こんなのいったい役に立つの!?
半信半疑だったが、結果はお世話になりますた。感謝w

まあ、蚊取り線香を焚くなり、プッシュとひと吹きすれば済むことなのだが、
のどが痛くなったり、薬系はなかなか怖くて使えない。
という蚊なみにデリケートな人間には手段になりえる>電撃ラケット

使ってみて、いろいろ発見があった。
蚊ってやつは、思ってたとおり、手ごわいというか、ほんとうに賢い。
床についてすぐにはやってこなくて、
寝苦しい暑さにも耐えやっと深い眠りにつけそう…
空が白みはじめ心地よいまどろみに包まれて夢心地… ってときに
奴は、うぃ~~~ん とやってくる。なんて奴だ!!
そこでラケットをやみくもに振り回してみても無駄だ。

奴が、うぃ~~~んと耳元にやってきたら、
おもむろにタオルケットを跳ね上げて、部屋の灯りをつける。
すると、奴はたいてい、枕元の近くの壁のどこかに、いないふりをして張り付いている。
を見つけて、ラケットをそっとかぶせると、ジジっと小さな音がしてかすかに発火する。
戦いの勝利にふさわしい演出だ。安眠を邪魔された不快を打ち消すに十分だろう。

一晩に5匹ほどやった日もあったのだが、
安心して、さて気持ちよく眠れると思ったそのとき、うぃ~~~ん
ちくしょうめ なんて日だ! どれだけいるのっT.T
戦いに時間をかけすぎる。これがラケットの欠点だな;

さて、退治した奴をそのまま床に転がしたままにしておいてはいけない。
なぜなら、奴はそこから復活して、再度攻撃してくる場合があるからだ。
電撃から復活した彼は、よりしたたかに、より賢くなる。
こちらの手の内を知っているのだ。
あの小さな身体の小さな頭の中の小さな小さな脳の中に、
オラには思いもつけない能力が隠されている。

Written by nasu38yen

2016年10月5日 @ 5:47 PM

カテゴリー: つれづれ

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。