ピースペース

特定秘密

leave a comment »

なにが特定で、なにが特定でないのか?
国の政治のあるレベルにいる人には、それがはっきり見えているのだろう。
まあ、なんとなくわかるような気はする。
現実的には、おそらくは喫緊の課題として必要なのでしょう→秘密保護法
つまり、今すぐ秘密にしたい(しなきゃならない)取引がある。と… ;;;

いずれにしても、秘密をかかえるのは重い仕事だ。
それを自分に課す覚悟があるということだろう。いかにもらしく勇ましい。
オラには無理。そんなことは言えないし。やりたくもない。
世の中にはそれを言える人と言えない人がいる。
宣言された覚悟にだけ勲章は授与される。

そのどちらの覚悟が堅いか?は本当は簡単に判断はできない。なんちゃって。
論理的には、残念ながら秘密により未来のリスクは増大する。
が、「そんなこと言ってられない」という局面も現実に存在する。
おそらく国民は理解をしていて、そして静かに覚悟を抱えるのでしょう。

それにしても、いつものことだけど、
反対派の攻撃ポイントがずれているような感じが…
そんな話で責められるのだから、秘密にするしかないじゃないか。みたいな。
とにかく、オラの喫緊の問題は、
機密にできる特定の機密がないこと。は間違いない。
がんばらねば。。。。

Written by nasu38yen

2013年12月7日 @ 12:56 PM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。