ピースペース

モラル・ハザードは誤用が多い

leave a comment »

ので、扱いの難しい用語である。とウィキペディア。なるほど!

http://agora-web.jp/archives/1556581.html

ん? 「原発で電力会社はつぶれる」論は間違い。というのは、
十分に確立が小さければ事故が起きても会社はつぶれる必要はない。ってこと??
あは; そんなことを言いたいわけじゃないね

焼肉屋さんはつぶれましたけど。それで、補償も限られましたけど。
ってところが、オラたつ普通の人間に簡単には理解できないところだ。

「企業の利益に反する者は去るしかない」
ヨハネスさんの文にはそうゆう覚悟も見えたので、帰るつもりは最初からないのでせう
それを賭けて伝えたいことがあったのかなと
そこにもちゃんと答えた方がよいような気がする→アゴラ

国でやるにしろ、保険で賄うにしろ、考えうる常識的手段はそう多くない。
いずれにしても、避けられないモラルハザードはある。を覚悟しろ。てことかな??

膨大な利益が既に飲まれて消えているのだ。
社会主義の停滞の原因は労働者のモラルハザード
を批判してきた資本のそれが明確に表れてきた!ということでしょう。
それはいまやいたるところに見えるよね。

ヨハネスさんのいわれる、「おっかない」人はいると思う。
普通に人格者で、一般には立派な人だけに、「おっかない」とはなかなか言えない。
を敢て、「おっかない」と言ってかかる。
という手順を踏めば、再稼働への道筋も見えてくるのかも。

Written by nasu38yen

2013年9月3日 @ 9:00 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。