ピースペース

パターンの難しいところ

leave a comment »

リポジトリをnewする1行を消すために、
DIは参照ライブラリを追加して、設定(または属性)も追加する必要がある。
という面倒が、そのご利益を納得しずらくする。

ということで、パターンはまずそれを信じるところから開始する必要がある。
その面はまるで宗教のようだ。しかし、それを嫌う必要はない。
プログラムは完全な論理言語なので、
皆に受け入れられたパターンを疑う余地は少ない。
問題はその疑いから生まれる誤解。

パターンの課題は、なかなか理解が追いつかないこと;;
それを解決してくれるのは時間(コスト)しかない。
成長とは、そのコストを受け入れること。
コストが利益を超えてしまう時期も必要となる。
をペイする利益をパターンは保証はしない。
活かすも殺すも最後はやっぱり自分次第;;;

Written by nasu38yen

2013年7月10日 @ 10:36 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。