ピースペース

「商才がない」を改めて実感している

leave a comment »

自分の欲しいものと、世の中に売れるものが違うことがある。
自分中心なので、世の中のセンスがズレていると思うのだが、
自分のセンスがズレている。が正しい;

それは仕方ないとして、そうゆう人は商売も難しくなるような気がするが、どうなんだろ?
もしかすると商人は、自分は欲しくはないけど売れるものはわかる!のかもしれない。
そうなれば、その人の商品はもはや売っている商品そのものではなくその才能だ。
それだって立派な商品だ。というかすごい価値だ。
が、その人はその人の商品を正しく伝えてはくれない。ので、よく聞かないと混乱する。
選挙のニュースで、ふとそんなことを思った。

そうゆうのは面倒なので、
「私の商品は本当はこっちなんですよ!」とはっきり言ってくれればいいのに! と思う。
オラが欲しいものは、そうゆう面倒くさくない世界だ。
が、それは言わない(気付かない)!が、絶対的戦略なので、その夢はかなわない。
欲しいものと売れるものはやっぱり違う。

そのズレはなかなかに大きい。
隔たりが大きすぎて、自分が願いはそれがほんとうにありえない子供じみた妄想に思えてくる。
しかしまあ、現状商品に対する他の人の評判もやっぱりひどいものなので、
いずれはニーズにあった十分に良い商品が提供されるようになるのだろう。

ひどい嫌悪を覚えるのに、つい興味を持ってしまうのは、
そこに改善余地がたくさん残された、需要が満たされていない優良な市場が見えてしまうからだろう。
が、自分には売るものがない(T.T)

Written by nasu38yen

2012年12月17日 @ 1:51 PM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。