ピースペース

在宅勤務になって良かったこと

leave a comment »

いつもながら、時が経つのは早い
家で仕事をするようになってからもうすでに4年が経った。

最初は不安に押しつぶされそうなこともあったが、
良い顧客に巡り会えたりして、なんとか徐々に軌道に乗り始めた気がする。

在宅勤務は、(必要悪な)規則に縛られないのがいい。
細々とした個人的な用事というものは意外とあるもんだ。
年寄りに代わって重い荷物を運んであげたり、病院への送迎だって、
会社を休まずに、仕事の合間にそれをはさめるのは、気持ちが楽だ。

稲刈りや田植えの段取りも天気に合わせやすくなった。
前いた会社もそこはこだわりなく融通を利かせてくれたが、
それでも、作業の途中で雨が降りだせば会社へ戻ったり…

そう、通勤がなくなったのは最大の利点かも!
月1万のガソリン消費を節約できるのは、地球環境的にはかなり良くネ?
もしかすると、車も今までより長持ちするようになるかも。
あ、消費が減るってのは、経済成長的には・・・
あは、単純な経済成長論がきちんと説明できていない簡単な成長がここにあるv

打合せはSkypeがあるので、出張も必要最小限で済む。
仕事の在宅化でコミュニケーションの減少を心配する声もあるが、
適度な距離は良い効果を生む場合もある。
重要なコミュニケーションはもれなく文字で記録されるようになるし、
頻繁な干渉による、集中の中断も少なくなる。

たとえば、恋人だったふたりが結婚しなければもしかして別れなくても済んだかもしれないように、
人との距離は人によって違うのだ。
という、いろいろな人を集めて会社に閉じ込めるには、どうしても(必要悪な)規則は必要だ。
その方がその人にいい人もいれば、それが窮屈な人もいる。

要するに、
奴隷として差し出さざるを得なかった少なくない時間を 取り戻せるようになったのが良かった。
もっと極論すれば、いらないものがいらなくなった。
取られていたいた時間を自分から差し出す時間に変えることができた。 のが、イノベーションでしょ。

Written by nasu38yen

2012年9月28日 @ 11:10 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。