ピースペース

改めて、反・脱成長につっこんでおく

leave a comment »

https://nasu38yen.wordpress.com/2012/05/17/
に、興奮して、ついいろいろ考えてしまった一週間だった。
そろそろ、整理して日常に戻ろう。

ルネサスが6000人削減、
エルピーダは何人だっけ??
この人達が現場でコスト削減のためにどれだけの具体的な提案をしてきたのか?
に思いを馳せる人はどれだけいるだろう?

経営の失敗だという人がいるけれども、
じゃあ、具体的に、減っていく需要にいったい何をしたら助かるのだろう?
給与カットの他にいったいどんな妙案があるというのだろう?

日本の一時の驚異的な経済成長をささえたのは、
まぎれもなく今沈みゆく電子部品産業だったのだ。

「脱成長が気にいらない」という人は、
今、職を失おうとしている人を前にして、
彼等がかつておこなった改善提案以上の画期的な提案をださなければならない。
代わりの需要を提供しなければならない。それは何?

案がないなら、せめて、彼らの子供たちが大学進学をあきらめなくても良いように、
大学は授業料を下げるどうゆう工夫を行うのかあきらかにしなければならない。
ルネサスで行われているコスト削減を考えれば、その余地はずっと大きい。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120511/231912/
おらがビックリするのは、これが参考になったと答える人の多さだ。
この記事のどこに6000人を救ういったいどんなヒントがあるというのだ??

参考になるという人は、もしかして、今、自分は人並み以上の報酬を得ていて、
それで、自分は人並み以上に経済成長に寄与している。
と思っておられるかもしれない。としたらそれは誤解だ。
誰にささえられてその報酬があるのか?は、常に考えた方がいい。

今現在の経済システムで、進化の貢献に報酬の配分がみあってるわけではない。
http://peaceb.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/index.html

エルピーダが破たんする前にとられた政策はただひとつ
景気が良くなれば需要が増えて会社はつぶれない ←子供か
会社はつぶれるし、景気もよくならない。
それが、経済成長論の「あ・き・ら・か・な」結果でしょ。
を学習しましょう!と言っているのが、「脱」なんです。

ゴミでもなんでも作ればGDPにカウントはできる。
経済成長が必要だいう。でもゴミはだめだという。 どんだけ高いハードルだよ!
その話しに成長のヒントはなにもない。

頭の良い人たち(が書く日経の記事)は、TVなんか見てる奴はバカだという。
バカはグローバルな競争世界で脱落するという。
競争力をつけて経済成長しなければならないという。が、
TVのいらない世界でどんどん競争していったい何を売ろうとしてるのか何もわからない。

さあ! 脱・経済成長論者で行きましょ!

さてと、仕事に戻ろう

Written by nasu38yen

2012年5月26日 @ 12:50 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。