ピースペース

ソフトウェアは大量生産できない

leave a comment »

というか、そもそもソフトウェアは生産なのか?という話し。
物の大量生産で味をしめたメーカー脳はソフトウェア開発も同じように生産「したかった」
オフショアとかその発想の延長。でまあ、そのスキームには無理がある。
ので成功はしない。をやっと理解した段階→今。

映画や音楽を作るのに似てるかも→ソフトウェア開発。
大きなシステムであれば大きな資本が必要になることもある。
が、それを作るのに大きな会社が必要。は、もちろん勘違い。
が、受注確保のために会社を大きくせざるを得ない状況→インテグレータ。
の発想に進化は(反省も)ない。

もし、あなたが何かシステムを必要としていて
その開発を誰かどこかに依頼しなくちゃならないとして
どこに頼めばいいの?
は、末端のプログラムを作る作業をしている「人」がどうゆう気分で働いているか?
を想像してみるのがいい。

その状況で作成されたものがあなたの要望を満たすことができるか?とか
その状況で作成されたものであなたはあなたの顧客になにを提供しうるか?
とかを考えてみよう。

あなたがそのシステムを大手インテグレータに依頼するのは
それが失敗するのを(意識しないで)わかっていて
その後の言い訳を作ってるのかもしれない。
あるいは、あなたは自分の要求をよくわかっていなくて
それをごまかしたいだけかもしれない。

さて、ゴミでも大量に生産すればGDPにカウントはできる。
そうして経済を膨らませてみても
いずれはそのツケを精算しなければならない日は「必ず」来る。

Written by nasu38yen

2011年10月14日 @ 7:59 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。