ピースペース

私がITコーディネーターを辞めたわけ

leave a comment »

は、もちろん、みかじめ代の回収ができない。という打算。
は悪くないと自負している。いつまでもズルズル。は良くない。
まあ、この話のポーランド人をやめることにした。ということだ。
http://kzgwss.tumblr.com/post/9622632370

そもそも、それは「肩書き」という打算で始まった。
肩書き社会には肩書きが必要。という目論見。
を自分は徹底できないとわかった。ので辞めた。

先に自分をきちんと分析していれば、その戦略は自分には合わない。
は予測できたはず。なので大事→分析before戦略。
を高い授業料を払って学習した。

ITコーディネータの立場と「肩書き」の関係は微妙だ。
なぜなら、そのミッションが肩書き詐欺による動かないコンピュータの防止だから。
そして、その仕事を遂行するのに肩書きが必要になる。は衝突している。
を認識して消化できていなければミッションいんぽっしぶる。

プロセス通りにそれを実行すれば戦略は建てられる。
が、そのプロセスに、建てた戦略の見えない不備を防止する保障はどこにもない。
そこが腕のみせどころ。と言えば確かにそうだが。まずは思い上がりが関の山。

いずれにしても、結局背負えるカンバンは「自分」しかない。
差し引きなしの「自分」を信用してもらうしかない。ので
「決算書の提出が必要です」とか平気で言い切れるITコーディネータのRFPは却下で吉。
借金はないので潰れませんけど。それがナニカ!?

一応補足すると
決算書で判断(信用)できる。とか
決算書を判断(信用)するしかないじゃないか。
とか言ってる時点で、任務を忘れてるんじゃない?
自分で自分を否定している。に気づいてないんじゃない?
ってことなんだ。

Written by nasu38yen

2011年9月3日 @ 8:29 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。