ピースペース

Direction="Out"のFieldBindのDesignerTypeはParameterNamesにする必要がある?

leave a comment »

アクションAの出力をアクションBの入力に利用するワークフローを考えて、そのカスタムアクションを作成してみる。
この場合、アクションを分ける必要はなくひとつのアクションでも良い。はずだけど、分けたほうがアクションらしい。

最初、アクションAの出力フィールド、アクションBの入力フィールド共に、DesignerType="TextArea"を指定する。
DesignerType="TextArea"でも、デザイナー上ではワークフロー変数にバインドできるような雰囲気がある。
が、実際にはBの入力プロパティにAの出力はセットされない。なにがなんだかわからない。

アクションA,BのFieldBindをDesignerType="ParameterNames"に変更する。
うまくいく。が、いまいち理解しきれない。
アクションをA,Bに分けたのは、アクションBを単独で使う場合もあるかなと思ったので。
でも、その汎用化作戦も崩れたような気もする;;
すっきりしないが、いつものことなので、結果おーらい。とする。

Written by nasu38yen

2010年10月25日 @ 4:08 PM

カテゴリー: プログラム

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。