ピースペース

DomainServiceのクエリメソッドの戻りの型について整理しておく

leave a comment »

クライアント側のLoadがqueryをパラメタににするので、いろいろ混乱してしまった
基本、Loadされるデータの選別はサービス側のクエリメソッドで行う
でもって、EntitySetに格納するデータに編集が必要な場合もその中ですませておく

クエリメソッドの戻りはIQueryableではなくIEnumerableでもOK
foreachなデータ編集が必要な場合は、
必要なqueryの編集を全て終わらせ、最後の最後にforeachする
で、foreachした場合は、IEnumerableをリターンする
IQueryableをリターンすると1回余計にSQLが実行されるような気がする

そして、そのforeachの中で新たなqueryを実行するようなことはしない
その前に必要な情報は全てqueryとして準備しておく
このときグループ化JOINとか役にたつ(LINQ万歳

これでだいぶすっきりしてきた→RIA Services
あとはアソシエーションと従属メソッドの扱いが整理できれば…使える
かな

Written by nasu38yen

2010年2月23日 @ 5:55 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。