ピースペース

.NET RIA Services を使い始めて感じていること

leave a comment »

RIA Servicesを使うことにしたのは
データの保存先にAsure Storage Serviceを選択したから
でもって、UIにSilverlightを選択したから
この組み合わせで、DBとPresentationをつなぐには
RIA Servicesが最適 ということになる

Asure Storageを選択した段階で
これまでのDataSetを中心にした従来の方法は使えない
これには、正直かなり滅入った
その方法にはかなりの年月を投入してきらから
おいおい、またはじめからやり直しかよ!って

でも、思っていたほどには差はない
DataPersitence-Bussiness Logic-Presentation
この大きな枠組みが変わったわけではないから
EntitySetっていうのはDataTableのようなもので・・・
とか、以前の方法と比較しながら進むことで
その違いから
新しい方法の「何?」が見えてくるところもある
ので、無駄ではなかった>過去
ということにしておこう;;

UI層でStoreに自由な問い合わせができるようになる
これは、DataSet Providerを中間層とした従来の方法だと
かなり困難 というか普通にできない
ああ~ LINQってのはこのことだったのかあ
とか実感する

DataSet Providerを中間にはさむことで
UI層からSQLを排除したことにかなり満足していた
それははたしてどうだったのだろう?
まだよく整理できない

RDBを使用するシステムでも RIA Servicesを使うか?
それも未だわからない

Written by nasu38yen

2009年8月7日 @ 12:02 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。