ピースペース

学校の先生にはあまり人を批判するようなことを言って欲しくないと思った

leave a comment »

http://wedge.ismedia.jp/articles/-/342?page=4
稲作から退出した兼業農家も含め、多くの農村居住者と共存しながら健全な農村社会を作る機関車役を担うに違いない

って、稲作から退出したら兼業農家でもなくなると思う
それでも農村に居住者として残る理由もなくなると思う
健全でなくなった農村に機関車はいらないと思う

耕すことがなくなった人が
自分の人生を悔いながらそこに住み続ける意味に想いを馳せたことはあるだろうか?
農業をせず農村に住まず農村の未来を語る意見には何かが不足する違和感が拭えない
農業を語る議員を族議員というのなら
農業を語る先生も族先生と呼ぼう
その人だって、やはり(もっとも安定した)利権を得ている

想像してみよう
自分の年収を稼ぐためにどれだけの農地が必要になるか?
どれだけの土地をひとりぽっちで耕す必要があるか?

金勘定だけなら、今まわりにある家の10件のうち9件は消える
消えた9件分の新たな産業が必要になる
それは何? 教えてほしい

Written by nasu38yen

2009年4月28日 @ 2:07 AM

カテゴリー: 未分類

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。